メジャーからインディーズまで様々な情報を伝えます!

Shinの音楽記

音楽

Dizzy Sunfistのおすすめ曲を紹介!人気の理由やメンバーの魅力も!

更新日:

Dizzy Sunfistってバンドをご存知ですか?

そりゃもうカッコいい女性ボーカルバンドですよ。

 

英語で歌うわパンクロックしてるわで、そりゃもう聴き入ってしまいましたね。

ってなわけで、ここではDizzy Sunfistについて掘り下げて書いていきたいと思います。

 

主にDizzy Sunfistの魅力やおすすめ曲を紹介していきます。

英語詞ということで、どんなことを歌っているかも簡単に書いていきますので、お楽しみにどうぞ。

Dizzy Sunfistのプロフィール

出典元:punkloid.com

Dizzy Sunfistは2006年に大阪で結成された3ピースバンドです。

メンバーはボーカル&ギターのあやぺた、ボーカル&ベースのいやま、ドラム&コーラスのもあいの3名で構成されています。

ただ、もともとドラムはもあいではなく、前ドラムが脱退した2012年に入れ替えで加入しました。

 

バンド名「Dizzy Sunfist」の由来については、下記の通りです。

もともと憧れを持っていたHi-STANDARDのアルバム『ANGRY FIST』より、「〇〇 fist」とう言葉を探していた最中、Mr.ORANGEというバンドの「Dizzy」という曲を目にした。

そこに、3人組だから「Dizzy 3fist」にしたが、あまり気に入らなかったため、3を太陽の意味であるSunに変更し、「Dizzy Sunfist」というバンド名が完成した。

“めまいを起こす3つのこぶし”という意味が込められているが、完全に偶然で、後付けによるものである。

参照:http://www.hmv.co.jp/news/article/1309050078/

 

メンバー全員が音楽のために大学を中退したという経緯を持っており、その音楽に対する決意の現れが凄まじいバンドでもあります。

 

そして、Dizzy Sunfistが大きくなった要因の一つとして、WANIMAとの対バンが挙げらます。

1年ぶりに対バンをした時のWANIMAの盛り上がり方と自分たちの盛り上がり方の差が相当悔しかったようで、以来よりライブで客が楽しめるように工夫を凝らすようになったのだそうです。

 

そういった経験があるからDizzy Sunfistがあるんですね。

 

 

スポンサーリンク

 

Dizzy Sunfistの魅力

https://twitter.com/_Dizzy_Sunfist_/status/855063489785634816

やはり魅力的なのが女性ボーカルバンドがパンクロックをしているということ。

現在のパンクシーンには男性が多いため、その中でのDizzy Sunfistの存在は目を引くものがあります。

 

ボーカルのあやぺたがアヴリルラヴィーンに影響されて英語詞を歌っていること、バンドとしてはHi-STANDARDに憧れていたことで、Dizzy Sunfistが完成しているんですよね。

 

また、ボーカルあやぺたの突き抜けるかのような爽快な歌声がなんとも清々しいです。

基本的には楽曲の影響もあって力強い歌声ですが、時折見せる優しく問いかけるような声はたまりません。

 

そして、もう一人のボーカルいやまのハモリや掛け合いが何とも心地がいいです。

あやぺたの振り切ったようなカッコよさが光る声と、いやまのやや甘めな声は相性抜群で、女性ボーカルバンド好きな筆者の大好物です。

 

楽曲としては、聴き手の体が思わずノッてきてしまうような、前向きで明るい曲が多いですね。

沈んだ気持ちはDizzy Sunfistが吹き飛ばしてくれること間違いなしです。

スポンサーリンク

 

 

Dizzy Sunfistのおすすめ曲

The Dream Is Not Dead

これは1stシングルに収録されている曲です。

この曲には「夢は実現するとか無責任なことを言いたくてステージに立ってるんじゃない、だけど諦めない限り夢は死なない」というメッセージが込められています。

諦めなければ可能性は0じゃないってのがいいですね。

大学をやめて音楽の道に進むと決意したメンバーだからこそ伝えられる思いなのでしょう。

ぜひこの曲で自分を奮い立たせてみてはいかがでしょうか。

 

 

No One Knows

これも1stシングルに収録されている曲です。

未来のことで不安に思ってしまうことって多くないですか?

ただ、誰も1秒先ですら予測することはできません。

この曲はそんな中で今生きていることが素晴らしいんだと語り掛けてくれます。

ネガティブな思考になりがちな方には是非聴いてみてほしい一曲です。

 

 

SULLEY

これはミニアルバム『SUPER DELICIOUS』に収録されている曲です。

これは好きな人と共に時間を過ごしていきたいという思いを歌っています。

曲調としてはDizzy Sunfistの中でもポップな感じに仕上がっていて、聴き手を元気づけてくれるような一曲ですね。

個人的には「このドアから飛び出そう、何も怖がることはない」という部分に惹かれましたね。

この言葉って恋愛だけじゃなくて、いろんな局面で背中を押してくれそうな言葉なので、ちょっと気に入りました。

 

 

Joking

これはアルバム『Dizzy Beats』に収録されている曲です。

これが現時点で最も人気のある曲のようです。

楽曲としては、別れ話を受け入れられないように思いますが、恋愛の別れ話ではありません。

元ベーシストの方が亡くなった際の決別を歌にしており、メンバーが大事にしている曲になっています。

 

 

Dizzy Beat

これもアルバム『Dizzy Beats』に収録されている曲です。

これはバンド名の意味である〝めまいを起こす3つのこぶし”を体現しているかのような楽曲ですね。

この曲を聴いてテンションが上がらないなんて方はまずいないでしょう。

ここまでドラムのもあいについて書いてきませんでしたが、彼のかっこいい音が特によく映えている一曲に感じます。

 

それでは、今回はこの辺にしておきます。

他にも英語詞での歌が素敵なバンドをいくつか紹介しているので、是非読んでみてください。

圧倒的なおしゃれバンド:FIVE NEW OLD

ワンオク好きは必見!:AIRFLIP

ハイトーンボイスが魅力:NoisyCell

 

↓ありがとうございます!あなたのひとポチがモチベーションですm(__)m


人気ブログランキング
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽情報へ
にほんブログ村

-音楽
-, , , ,

Copyright© Shinの音楽記 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.