メジャーからインディーズまで様々な情報を伝えます!

Shinの音楽記

音楽

ENTHのメンバーやバンドのwikiをまとめてみた!おすすめ曲も紹介!

更新日:

出典元:enth-nagoya.com

皆さんは、ENTHってバンドをご存知でしょうか?

それはもう、これから飛躍していくバンドになるはずですよ、うん。

 

まあ、見ての通り、ぱっと見でもそれぞれに特徴があって気になってしまうようなバンドですよね。

ここではそんな気になるバンド『ENTH』についてがっつり書いていきます。

 

メンバーの紹介やおすすめ曲の紹介をはじめ、非常に盛りだくさんの内容でお伝えしているので、ぜひ楽しんでいってくださいね。

 

バンドのプロフィール

ENTHはdaipon(Vo/Ba)、Naoki(Gt/Cho)、takumi(Dr/Cho)の3名で構成されているバンドです。

2010年ころに結成しているとのことですが、なんと、初期メンバーがdaiponしかいないんですね。

※メンバー変遷については後述

 

そんな『ENTH』ですが、2013年にリリースした1stミニアルバム『Get Started Together』が2000枚も売り上げたんですよね。

この記録は無名の新人にはなかなかできないことで、現在までにかなり注目を集めており、今後ブレイクすること必至のバンドです。

 

ここ最近では、関西のバンドが盛り上がってきていますが、その波を起こしているバンドの一つと言えるでしょう。

 

バンド名の由来

結成初期の頃はそもそも『ENTH』ではなかったんですね。

もともとのバンド名は『enthusiast』。

初期のメンバーが皆車やバイク好きということもあり、車雑誌の用語から取ったとのこと。

 

ちなみに『enthusiast』の意味は以下の通りです。

バイクに情熱を注ぐ人。バイクにすごく詳しい人。
「エンスージアスト(enthusiast)」とは、そもそも「熱心な人」という意味だが、バイクや車の世界では、前記のような意味で用いられている。オートバイ雑誌によっては「超エンスー」とか「エンスーな人」というように略して使われることもある。

引用:http://www2.yamaha-motor.jp/bike-word/word.asp?id=44

ただ、読みにくいとの声が多かったことから(筆者も読めませんでしたm(__)m)、短縮するという形を取ったんですね。

 

ENTHのメンバーを紹介

daipon

担当:ボーカル&ベース

生年月日:1990年1月21日

 

何といっても特徴的なのがロングヘア―。

やはりその髪型の影響か、一度目にしたら気になってしまうような雰囲気があります。

 

どうやら彼は根っからの変態さんのようです。

Twitterではかなり熱い言葉も見られるのですが、そんな中での変態チックなワードの登場は本当に面白いです。

 

シンプルに面白いこともつぶやいていたり、見ていてとても楽しいですね。

※ここでは彼の過激な表現のツイートは控えて掲載しておりますm(__)m笑

https://twitter.com/daipon_ENTH/status/833809869492809728

 

 

Naoki

担当:ドラム&コーラス

生年月日:1993年7月24日

 

メガネがトレードマークのNaokiさんですが、どうやら大食い担当でもある?ようです。

 

また、かなり運動神経はいいのか、こんなものを見つけました。

https://twitter.com/NOK_EN/status/861519041168420865

どうやら高さには定評があるらしいですね。

 

そして、この方の時折見せるツイートの面白さはけっこうツボですね。

https://twitter.com/NOK_EN/status/870590153428881408

https://twitter.com/NOK_EN/status/861620542805114880

 

 

takumi

担当:ドラム&コーラス

生年月日:1997年6月3日

 

この方の特徴は髪の色ですね。

基本的には金髪のようですが、一時期は銀になったこともありました。

これからまた色が変わることがあるのかが気になります。

 

そんなtakumiさんですが、Twitterでは3人の中で最も柔らかい表現で文章を書くなって印象を持ちました。

きっと優しい性格の方なのかなって勝手に思っています。

 

また、最年少ながら内に秘めている思いは大きいのでしょう。

このようなこのとをつぶやかれていました。

スポンサーリンク

 

メンバー変遷がすごい

2010年ころに初期メンバーで結成されたことは上述しましたが、現在活動している初期メンバーはdaiponさんだけなんですよね。

そこから約2年半が経過すると、daiponさん以外の2人のメンバーが脱退。

 

そこでメンバーが抜けるタイミングでベースのNaokiさんと前ドラムのMa-さんが加入します。

そこから2016年の4月まで上記の3名で活動していきますが、4月の9日のワンマンライブをもって、Ma-さんが脱退してしまったんです。

 

ちなみに不仲が原因ではなく、新たな目標を見つけたことによることが理由なんだとか。

そしてその脱退に合わせて加入したのが現ドラムのtakumiさん。

 

当時最年長のMa-さんとメンバー最年少のtakumiさんですが、入れ替わる2人の関係も良好のようでした。

 

ENTHの楽曲の特徴

彼らの楽曲はゴリゴリのパンクロックに日本語と英語を混ぜた歌詞、そしてキャッチ―なメロディーが特徴的ですね。

これらが相まって、他のバンドには真似できないようなENTHらしさとも言える、熱さを織り込んだ聴きごたえのある楽曲に仕上がっています。

 

また、potにもみられるような前向きな歌詞が多く、聴いていて非常にポジティブになれますね。

このような前向きな音楽がファンやライブキッズにウケる要因なのでしょう。

 

これからも是非この路線を突っ走って欲しいものです。

POTってバンドとメンバーをwiki的プロフでまとめてみた!

POTってバンドをご存知ですか? 間違いなくこれから大きく人気を集めていきますよ、ええ。   このバンドには他にはない武器があったり、メンバーがとある事情によって1年間も不在だったりと、彼ら ...

続きを見る

 

スポンサーリンク

 

おすすめ曲

ムーンレイカー

これは2ndシングル『SOMEWHERE WE HOPE』に収録されています。

まず、歌い出しのカッコよさがハンパないですよね。

死に場所は選べないものの、死に様は決めているということを表現しているのが、グッときました。

歌詞に主人公の強さと弱さが感じられたので、それもまた気に入ったポイントですね。

 

 

Bong! Cafe' au lait! Acoustic guitar!

これは3rdミニアルバム『Entheogen』に収録されています。

この曲の特徴は、要所要所でテンポが変わっていくところです。

一曲の中での変化が凄まじいので、本当に同じ曲を聴いているのか?と錯覚してしまうほどです。

特にライブ映えしそうな一曲ですね。

聴いていて非常に楽しいです。

 

 

Hailsham

これは2ndミニアルバム『Never Let Go』に収録されています。

この曲は全て英語詞になっている楽曲ですね。

また、daiponの高音が存分に楽しめるのもポイントの一つです。

Naokiと前ドラムMa-のコーラスも映える一曲になっています。

 

 

HANGOVER

これはENTH と All Found Bright Lights のスプリットCD『Hike』に収録されています。

これはMV込みで聴くとより楽しめる一曲になっていますね。

MVがここまでネタに走っているのにカッコいいと感じてしまうという、これぞENTHのクオリティーと言ったところでしょうか。

曲の終わり方もさすがの一言です。

 

それでは、今回はこの辺にしておきます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

↓ありがとうございます!あなたのひとポチがモチベーションですm(__)m


人気ブログランキング
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽情報へ
にほんブログ村

-音楽
-, , ,

Copyright© Shinの音楽記 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.