メジャーからインディーズまで様々な情報を伝えます!

Shinの音楽記

音楽

Hump Backのメンバーやバンドのwikiを調査!おすすめ曲も紹介!

更新日:

出典元:www.humpbackofficial.com

皆さんはHump Backというガールズバンドをご存知でしょうか?

これからグッと人気が出てくるであろうバンドであることは間違いないと思いますよ、ええ。

 

徐々に彼女らが注目されてきていますが、そのきっかけの1つは欅坂46のメンバー、志田愛佳がブログで紹介していたからなんですね。

http://www.keyakizaka46.com/s/k46o/diary/detail/8146?ima=0000&cd=member

 

それから気になって新規のファンが増えていることはどうやら確かなようです。

ここでは、そんな株価急上昇中のガールズバンド、Hump Backについて詳しく書いていこうと思います。

 

色んな情報を盛りだくさんにお伝えしているので、よかったら是非確認してみてください。

 

Hump Back(ハンプバック)のプロフィール

Hump Backは林 萌々子(Vo&Gt)、ぴか(Ba&cho)、美咲(Dr&cho )の3名で構成されている大阪発のバンドです。

2009年に高校の軽音楽部のメンバーで結成されました。

 

ですが、初期のメンバーは一人しかおらず、たびたびメンバーの入れ替えがあったようですね。

※メンバー変遷については後述

 

2013年には「ミナホ」ことMINAMI WHEELや名古屋サーキット「M.O.S.H」に出演して話題になりました。

 

MINAMI WHEEL

阪ミナミ一帯の歩いて移動できるエリアのライヴハウスやクラブなどで行われる、FM802主催の一大ライヴ・フェスティバル。
3日間通しのパスチケットと各日1日フリーのチケットが有り、自由に会場を行き来できる。

引用:http://d.hatena.ne.jp/keyword/MINAMI%20WHEEL

 

それでは、そんな注目のバンド『Hump Back』のメンバーについて詳しく見ていくことにしましょう。

 

メンバーを紹介

林 萌々子

担当:ボーカル&ギター

誕生日:2月14日

 

彼女はかなり熱いハートを持った方であることは間違いないです。

バンドに自分一人しかいなくなっても歌うことをやめなったという経緯があり、音楽に対する気持ちはきっと誰よりも強いはずです。

 

そんな彼女ですが、絵がなかなかお得意なよう。

巷では絵がヘタなことを「画伯」という呼び方で皮肉っていますが、これは本来の「画伯」になりうると勝手に思っています。(筆者は今流行りの画伯)

 

また、どうやら実家に犬を飼っているようですが、その犬についてのツイートは面白いんものや、ほっこりするものが多いですね。

 

 

ぴか

https://twitter.com/BraveBack_/status/867698432797949953

担当:ベース&コーラス

誕生日:3月16日

https://twitter.com/_humpback_/status/842249020936355840

酒癖が悪いというのですが、いったい酔うとどんな感じになるのかが気になるところです。

また、彼女のツイートには他の人の食べている画像が結構多いのですが、こんな理由があったからなんですね~

https://twitter.com/107pikachu/status/845665697652891648

いっぱい食べる君が好き♪ってことです。

 

 

美咲

担当:ドラム&コーラス

本名:近藤美咲

誕生日:1月9日

 

よく話しかけるなってオーラが凄いとか、怖そうって思われがちのようですが、全然そんなことはないようです。

いい意味でイメージを裏切ってくれる方のようですよ。

 

そんな彼女ですが、よく他のバンドのドラマーの方と一緒の時間を過ごしているようですね。

一定期間はは全くSNSをしていなかったようですが、2016年末にインスタグラムを始めたことで、ファンの方はさぞかし嬉しかったことでしょう。

スポンサーリンク

 

メンバーの加入・脱退が多い!?

プロフィールでもちらっとお話ししましたが、Hump Backの初期メンバーは一人しかいないんですよね。

そんなHump Backの気になるメンバー変遷をサクッとまとめてみました。

 

2009年:同じ高校の軽音楽部である林萌々子(Vo&Gt)、めぐ(Ba&cho)、ゆっきー(Dr)の3名で活動開始

2013年4月:ゆっきー(Dr)が脱退

2013年5月:373(Dr)が新メンバーとして加入

2013年12月:めぐ(Ba&cho)が脱退、Hump Back活動休止

2014年5月:せつこ(サポートベーシスト)を加えて活動再開

2015年1月:373(Dr)が脱退も、林萌々子(Vo&Gt)が孤軍奮闘

2015年5月:ぴか(Ba&cho)、カンナ(Dr&cho)が新メンバーとして加入

2015年10月:カンナ(Dr&cho)が脱退

2016年2月:美咲(Dr&cho)が新メンバーとして加入、現体制に

 

ご覧のとおり、随分とメンバーの入れ替えが激しいことが分かりますよね。

そして驚きなのが、林さん(Vo&Gt)が一人になっても活動を続けたということ。

 

その一人で活動している間にはシングル『帰り道』を発売したりと、精力的に動いているんですよね。

彼女のメンタルの強さはすさまじいです。

 

そんな時期も経ているからこそ、再び3人そろっての活動を再開できたことへの喜びもひとしおだったことでしょう。

 

 

Hump Backの楽曲の魅力

やはり、ボーカル林さんは長い間活動しているだけあって、安定した歌唱力が魅力的です。

儚さと力強さを併せ持ったその声は、聴いていて何とも心地いいですね。

 

声質としては、the peggiesほどの尖った声ではないものの、それに勝らずとも劣らないノビの良さと、安定感が持ち味のように感じます。

個人的にはこの声は夜のドライブなんかで聴きたいですね。

 

楽曲としての特徴は、聴けば聴くほど耳に残るようなスルメ曲になっいるところですね。

知らぬ間に何度も聴いてしまい、ズルズルとはまっていってしまうこと必至に思えます。

 

これはやはりボーカル林さんの聴き心地のよい声によってもたらされているからでしょう。

 

スポンサーリンク

 

おすすめ曲

月まで

これは1stミニアルバム『夜になったら』に収録されています。

なんと、約2分という非常に短い楽曲になっています。

普通にYouTubeで見ていたらこれのフルないかな~と思ってたら、その時見ていたのがフルといういう衝撃。

入りは静かに暗いような印象ですが、徐々に強さが感じられてきます。

また、サビでのボーカル林の声量には完全に心を持っていかれましたね。

これだけ短い時間で存分に楽しませてくれる楽曲で、もっと長く聴いていたいですが、「2分だからこそのよさ」というのもあるのかもしれません。

 

 

サーカス

これはシングル『帰り道』に収録されています。

この曲が発売された当時はボーカルの林さん一人での活動だったため、他のメンバーがMVには誰一人としていません。

これを聴くいたら、彼女の歌うことを辞めなかった姿勢に涙が出てきてしまいました。

ぜひ今となっては貴重な、林さんが一人になっても音楽を表現している姿をご覧ください。

 

それでは、今回はこの辺にしておきます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

↓ありがとうございます!あなたのひとポチがモチベーションですm(__)m


人気ブログランキング
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽情報へ
にほんブログ村

-音楽
-, , , ,

Copyright© Shinの音楽記 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.