メジャーからインディーズまで様々な情報を伝えます!

Shinの音楽記

音楽

SPYAIRの新曲「MIDNIGHT」がウツボカズラの夢の主題歌抜擢で思うこと

投稿日:

SPYAIRが今夏のドラマ『ウツボカズラの夢』の主題歌になったということが話題になっていますね。

SPYAIRと言えば、日本の有名なロックアーティストであり、一時期メンバーの脱退や、ボーカルの声帯ポリープといった苦難もあったものの、今なお一線で活躍している人気のバンドです。

ここでは、そんなSPYAIRがドラマに楽曲提供したことについて個人的に思うことサクッと書いていくことにします。

 

スポンサーリンク

 

アニメの主題歌としての起用で人気に!

SPYAIRでパッと思い出されるのが、アニメの主題歌としての起用ですよね。

これから実写化することで話題となっている『銀魂』のアニメの主題歌や、ジャンプでも人気の高い『ハイキュー‼』が挙げられます。

 

こういった人気アニメの主題歌も担当しているため、10~20代では知らない人がいないのではないか?とも思えるほど。

その人気の秘訣として考えられるのは、やはりアニメの雰囲気を壊さずに、むしろ盛り上げるような熱量を内包していることです。

 

銀魂と言えば、ギャグテイストの作品のように見えますが、歌舞伎町を舞台にした人情、任侠といった男らしさが作品の主柱にあり、見ているものを熱くさせる場面も数多く、そこにSPYAIRの楽曲が加わり、アニメは大いに盛り上がりました。

 

『ハイキュー‼』も同様に熱いスポーツ漫画であり、SPYAIRの楽曲の度量がいかんなく発揮されることになりましたね。

 

それぞれ取り上げたアニメの主題歌である『現状ディストラクション』『サムライハート』『イマジネーション』は数年前の曲にも関わらず、今なお大人気な楽曲であり、カラオケで盛り上がる曲として若者たちの間で歌われることが多いです。



 

スポンサーリンク

 

新曲「MIDNIGHT」はどんな曲?

上記のようにこれまではアニメの主題歌を歌っている印象が強いMIDNIGHTですが、ドラマの主題歌になるということで、どんな作品になっているのかが気になりますよね。

まずは今回の楽曲のタイトルですが、「MIDNIGHT」ということで発表されています。

 

ドラマ『ウツボカズラの夢』は以下のような作品になっているようです。

「ウツボカズラの夢」は乃南アサの小説を原作とした「オトナの土ドラ」枠の作品。自分からは動かず、獲物の欲望を利用して目的を達成する食虫植物のようにしたたかに生きる“ウツボカズラ女”たちの物語を描く。

前述したドラマとはまったくテイストの違う、ドロドロとしたような作品であり、今まで担当していたようなアニメとはちょっと異なりますね。

 

そして、それに合わせ新曲「MIDNIGHT」はジャズテイストに仕上げ、SPYAIRの新境地となる楽曲になっているもよう。

そんなメンバーのコメントは以下の通り。

「普段の僕らとは違ったテイストが必要だと感じ、これまでのSPYAIRサウンドにはない楽曲作りにチャレンジしました」「歌詞には道徳観=正義、誠実。ではなく、自分の人生は自分のやり方が一番ピュアで、綺麗なものなのだと信じていけるような、開き直りにも似た前向きな言葉を選びました」

引用:http://natalie.mu/music/news/240590

このようなコメントから、自分たちの新たなる新境地に挑戦した意気込みを見せることになるでしょう。

 

それでは、今回はこの辺にしておきます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

-音楽

Copyright© Shinの音楽記 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.