メジャーからインディーズまで様々な情報を伝えます!

Shinの音楽記

音楽

米津玄師のカラオケで歌いやすい曲を音域重視でまとめてみた!

更新日:

出典元:natalie.mu

米津玄師のセンスに魅了されている皆さん、こんにちは。

orionを聴いてから徐々に彼の楽曲にはまっていってしまっているShinです。

orion
米津玄師

 

筆者の個人的な見解ですがありますが、どの曲を耳にしてもハマってしまうという恐ろしさが米津玄師にはあるように感じています。

正直ここまでどの曲も聴き入ってしまった自分にびっくりしているんですよね。

 

ここでは、そんな素敵な曲で溢れている米津玄師の楽曲の中から、カラオケで歌いやすいものをピックアップして紹介していきます。

特に歌いやすい音域であるかどうかを重視し、そのうえでリズムが取りやすいかも考慮しています。

 

また、カラオケで特に人気がある楽曲から優先して調査していきましたので、その辺はご了承ください。

全体としてかなり歌いやすい曲を厳選できていると思うので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

スポンサーリンク

アイネクライネ

これは2014年度の東京メトロのCMソングになりました。

米津玄師のカラオケでの人気ランキングではナンバー1に位置する曲です。

気になる音域ですが、mid1C#{ド#}~mid2G#{ソ#}となっています。

全体としては非常に歌いやすいメロディーと音程になっていますね。

この曲は言葉のチョイスやMVの色の使い方だったり、楽曲のセンスがハンパないですし、人気曲である理由もわかります。

この曲で米津玄師にはまった方も多いことでしょう。

 

 

vivi

これは1stアルバム『diorama』に収録されています。

この曲の音域はmid1A#{ラ#}~mid2G#{ソ#}となっています。

米津玄師の楽曲の中ではTOP5に入るかどうかといったあたりの人気です。

最高音がサビで登場しますが、本人はがっつり裏声で歌っているので、非常に気が楽ですよね。

全体的に非常に歌いやすい音程で推移していくので、声が低い方にはかなりおすすめの一曲です。

 

 

MAD HEAD LOVE

これは2013年にリリースされた2ndシングル曲です。

気になる音域ですが、mid1D{レ}~mid2G{ソ}となっています。

ピコピコって感じのサウンドが特徴的ですよね。

音域としては、かなり低いところを推移しているので、そういった意味ではかなり手を出しやすいでしょう。

ただ、リズムがなかなか取りにくいような一曲になっているので、そういった面では今回紹介する曲の中では難しい部類に入ってしまいますね。

 

 

Flowerwall

これは2015年にリリースされた3rdシングルです。

ニコン「D5500」のCMソングにもなりました。

米津玄師の中では人気TOP10に入るような楽曲ですえね。

この曲の音域は、mid1C{ド}~mid2G{ソ}となっています。

タイトルを訳すと「花の壁」ということで、幸せでも不幸でもないという表現をしたかったのだそう。

どっちともとれる曖昧な歌詞が非常に気に入っていますね。

米津玄師の曲の中でもかなり綺麗な楽曲に仕上がっています。

 

スポンサーリンク

 

恋と病熱

これは1stアルバム『diorama』に収録されています。

米津玄師の楽曲の中では機種にもよりますが、その人気は15位前後といったところです。

気になる音域ですが、mid1B{シ}~mid2G{ソ}となっていますね。

この曲は最高音がmid2G{ソ}と低めの設定ながら、最高音では裏声やミドルボイスを使っているので、遠慮せずに裏声を使っても大丈夫です。

全体としてかなりゆったりとした楽曲になっているので、非常に歌いやすいこと間違いなしです。


 

あたしはゆうれい

これは3rdアルバム『Bremen』に収録されています。

この曲の音域は、mid1C{ド}~mid2G#{ソ#}となっていますね。

程よくリズミカルで、音の上下も分かりやすいので、かなり歌いやすい楽曲になっていますね。

「ゆうれい」という立場でも愛を感じたいという想いが非常に切なく表現されています。

にも関わらず、ポップな曲調なのがまたたまりません。

個人的にはクセになりそうな一曲に感じました。

あたしはゆうれい
米津玄師

 

 

リビングデッド・ユース

これは2ndアルバム『YANKEE』に収録されています。

気になる音域ですが、mid1F#{ファ#}~hiA#{ラ#}となっています。

ちょっと最高音が高いよ!って思われるかもしれませんが、地声の最高音はmid2G{ソ}となっているので、裏声に不安がない方にはおすすめです。

また、この曲の特徴としては、これまで紹介した曲よりもテンポが速いといういうこと。

そこまで歌唱力に自信がなくても、ノリで歌って盛り上げられる曲と言えるでしょう。

早口が苦手な方には向いていないかもしれませんが…

 

 

サンタマリア

これは2013年にリリースされた米津玄師のメジャーデビューシングルです。

この曲の音域は、mid1B{シ}~hiA#{ラ#}となっています。

こちらは地声の最高音がmid2F#{ファ#}となっているので、むしろ地声で頑張るところが少なくておすすめですね。

スローテンポなので、音程を確認しながらばっちり自分のものにしていきましょう。

楽曲自体が素晴らしいのはもちろんですが、MV中の絵本は本人が描いているとのことなので、その才能は計り知れません。

歌声と絵が相まって、非常に感動できる一曲ですね。

 

それでは、今回はこの辺にしておきます。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

↓ありがとうございます!あなたのひとポチがモチベーションですm(__)m


人気ブログランキング
にほんブログ村 音楽ブログ 音楽情報へ
にほんブログ村

-音楽
-, , ,

Copyright© Shinの音楽記 , 2019 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.